笑顔の医者達

制服マジック

制服は様々な場面で使われるものです。
例えば、学校や企業、また病院で医師や看護師の身にまとう白衣や、警察官の着る制服など、様々な人が制服を身に付けています。
制服を着るという意味は2つの側面から考える事が出来ます。
まずは「着ている側」、制服を身に付ける人自身の視点です。
制服を身につける事で、その学校や企業、機関への帰属意識が芽生えます。
同じ制服を身に付けている者同志の一体感が生まれ、それがモチベーションになる事もあります。
もうひとつの制服の視点として「身に付けている人を見る側」の視点があります。
その制服が醸し出すイメージなどを通してその人を見るのです。
これは、医師の白衣や警察官の制服などを例にすると分かりやすいです。
その制服から役割や仕事を見る事が出来ます。

制服には様々なイメージを伴うものです。
それが最も顕著に表れる例が医師や看護師といった医療従事者です。
清潔感のある、真っ白な白衣や機能的なスクラブを身に付けている人がいれば、医療従事者である事が人目でわかります。
また、ただ職業としての認識でなく、その人の持つ医師や看護師といった医療従事者のイメージ、「信頼」や「権威」を見るのです。
身だしなみというのは、短時間で人を判断する際に最も重要とされるものです。
折角の白衣やスクラブですが、それが色あせたものだったり、ちょっと野暮ったいものだったりすると、ちょっと残念なイメージになってしまいます。
仕事着として身に付けるものなのですが、人から見られるという事を意識して白衣やスクラブを選ぶのも重要だと言えます。

様々なデザイン

最近では医療ドラマや映画の影響からデザイン性に富んだ白衣やスクラブが増えています。実際にテレビドラマで利用されたスクラブモデルなども販売されており、ちょっとしたおしゃれを楽しむ事が出来るのです。

ネットで簡単

ネット注文で簡単に白衣やスクラブを注文する事が出来るのです。チームでお揃いのウェアにする事や、医院でウェアチェンジをするなど大量注文の割引制度なども活用できるのが嬉しい点です。

医療だけではない

白衣やスクラブは、医療現場だけでなく、様々な場で身につける事が出来ます。エステやネイルサロン、ヘルパーや栄養士に接骨院など、信頼のイメージを表す為に身につける事も出来るのです。